月別記事

最新記事へ戻る

← 2005年3月 2005年5月→

ゴホ展

2005.04.18

おいらは自他共に認めるゴッホ好きでありますが、
今日の気分でも「ゴホフライ」というキャラを
描き続けるほどのゴッホ好きですが、
アムステルダムまでゴッホを見るためだけに
行ったほどのゴッホ好きですが、
もちろん、近代美術館でやってるゴッホ展
出かけてみたわけですよ。
ええ、ええ。行きましたよ。先週の土曜日にね。

そしたらなんと!
入り口にずら〜っと行列ができてやんの。
竹橋の駅からゾロゾロと人の流れができてやんの。
タクシーが次から次へと乗りつけられやんの。

おいら、ゴッホは好きだけど、行列は大嫌いなのです。
どんなにおいしい店でも行列ができてたら
速攻で帰るのです。
もちろん、ゴッホ展もやめて速攻で帰りましたよ。
そしたら突然、神田明神に行きたくなりましたので、
サクッと行きました。
サクッと行って甘酒飲みました。
ええ、ええ。
人が居なくて気持ちよかったです。

20021029
ゴホフライ/自画像(今日の気分より)

arrow.gifコメント (5)  |  トラックバック (2)

ダンディ進行中

2005.04.15

ダンディ化進行中のうるまです。
サングラスをかけ、
夜な夜なバーへ行っては葉巻をくゆらしております。
ある日、そこのバーテンが
「きっとお好きだと思いますよ」と
おいらにブランデーを勧めました。

これがうまい!
35年熟成したという芳醇にしてまろやかな味わい。
なんて言うとカッコいいけど、
とにかくうまいのよ。
く〜!うめえ〜!と唸りましたもん。

というわけで、ダンディ化の新アイテムとして
「ブランデー」が加わりました。
こうなったら極めますよ。ダンディを。
次はバスローブと夜景かな。

20050120
未来予想図(今日の気分より)

arrow.gifコメント (3)  |  トラックバック (0)

ピアニスト

2005.04.13

昨日は友達のピアノリサイタルへ行ったんですよ。
ご趣味が高尚でしょう?

稲本響くんというピアニストがおりましてですね。
ひょんなことから知り合ったんですけども、
ピアノを演奏するだけじゃなくて、
全部自分で作曲しちゃうんですけどね。

リサイタルは昨日初めてお邪魔したんですけど、
お固いイメージは全くなく、
楽しけりゃいいじゃ〜んみたいな姿勢だし、
こうやったらピアノの音が変わるじゃ〜んという発明までやっててですね、
非常におもしろい男なんですわ。

その上ね、イケメンなんですよ。
かなりのイケメン。
↓こちらで確認してみてください。
hibiki
稲本響ホームページ

たまたまご近所なもんで、
こないだ遊びに行ったんですけど、
さらに料理が得意だったりするんですよ。
その上ね、ボテ志をひざに乗せてピアノを弾いてくれたりして、
非常にやさしいのです。

芸術家として優れてるだけでも充分なのに、
イケメンなだけでも充分なのに、
マメなだけでも充分なのに、
やさしいだけでも充分なのに、
ずるいっていうか、反則ですわ。
神様って不公平ですね。

arrow.gifコメント (2)  |  トラックバック (0)

カプセル正式デビュー

2005.04.04

見ました?今朝の「えいごリアン 3」?
おいらは見てないんですけど。

カプセル侍

ついにカプセル侍が正式デビューしましたよ。
「The Capsule Samurai」ですよ。
かっこい〜。
でもおちゃらけは変わらない〜。

第一回の放送時間は下記の通り。

 4/4(月)10:00
 4/7(木)10:00
 4/10(日)10:00
 4/11(月)10:00

ほか、教育テレビだから、
たぶん何年も何回も流れるんでしょうね。

えーと、その先の放送時間は知りません。
今年いっぱいやることだけは確かです。
1回につき2本作るので、40〜50本の
カプセル新作が生まれることになります。

しかし、えいごリアン3。
どこが英語番組なんでしょう?
品川庄司の品川とか、渡辺哲さんとか、
おいらの大好きな人たちばかりだけど、
日本語バリバリ使ってるじゃないですか。

とディレクターに言ったら、
「コミュニケーション番組」を作りたいのだと言ってました。
英語はコミュニケーションの道具にすぎない。
それ以前に、知らない人と話そうと
トライすることが大事なのだと。

で、カプセル侍がそれと何の関係が?
と聞いたら、
ありません。
と言ってました。
な〜んだ。

arrow.gifコメント (5)  |  トラックバック (1)

Mr.カルパッチョ

2005.04.01

実はこの一年、
コツコツとアニメーションを自主制作していたのです。
それがやっと完成いたしまして、昨日試写会をやりました。

calp.gif

「(a long day of) Mr. Calpaccio」という作品で、
笑いなし、下ねたなし。それどころか色もなし(白黒)です。
うるまでるびらしいところにフタをして、
何が見せれるのか?できられるのか?に挑戦してみました。

去年shockwaveで出したパイロット版は4分でしたが、
あれからさらにガリガリ描きまして、曲も変えました。
7分半もあるし、もうまったく別の作品ですね。

自分で言うのもなんだけど、すばらしい出来なんですよ。
試写会での評判も、すこぶるよかった。
ぜひみんなに見てほしいなあ。
しかも劇場で見てほしいんだよねえ。

とりあえずフィルムフェスティバルなんかに出して行こうかな。
みんな、チャンスを逃さず見てくださいね。

arrow.gifコメント (7)  |  トラックバック (0)


← 2005年3月 2005年5月→