個別記事

最新記事へ戻る

← 前の記事(振り込め詐欺と東国原知事について) 次の記事(おしりかじり虫関連)→

アルゼンチン人について

2007.07.19

こんにちは、うるま(仮)です。
今日はちゃんと(仮)と書けた。

さて、これは前から思っていたことなのですが、
伊藤ガビンさんが全く同じことをmixi日記に書いたので、
受け売りと思われるのもシャクなので言わずにいたのですが、
我慢できなくなったので言うことにします。
ガビンさん、広い心でよろしく。

 

去年、クロアチアのフィルムフェスティバルに行ったとき、
アルゼンチン人のカップルと知り合ったんですけど、
「アルゼンチン人」ってどうなのよ?と思いました。
「チン人」のところが、なんかこう、ばかにしてるような、
アルゼンチン人を子供扱いしてるような、
国際交流的にいけない感じがしたのです。
微妙に言いにくいし、この「チン人」をどうにかしたいと考えて、
いっそのこと「アルゼン人」にすればいいと思いました。

そういえば、その時のクロアチアは、
日本 vs クロアチアのワールドカップと重なり、
日本が勝ったら市民に殺されるなと思いましたが、
アルゼン人が守ってくれたので大丈夫でした。
いいカップルだったな。

その時のクロアチアの新聞。

Ca330159

コメント

ぱむさんが言うことにゃ…(2007-07-21 23:21)

同感。(笑

 




(公開されにくい)

(抜群に公開されます)

(送信後、うるまがOKを出すまで公開されません。スパムが多くてたまらんのです)

トラックバック

※トラックバックは自分もブログをやってる人だけが知ればいいことです。
 疑問に思うと頭が痛くなるのでやめましょう。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18265/15808716

この記事へのトラックバック一覧:


← 前の記事(振り込め詐欺と東国原知事について) 次の記事(おしりかじり虫関連)→