月別記事

最新記事へ戻る

← 2008年11月 2009年1月→

サンタはいるのだ

2008.12.25

昨晩はクリスマスイブ。
みなさん、それなりに、イブったことと思いますが、
我が家の場合、ボテ志が熱を出しやがりまして、
ご馳走などのイブりは延期となったわけですが、
それでもサンタさんは偉いもので、
ちゃんとプレゼントを持ってきました。
DSiやトムとジェリーのDVDが入ってたような、気がします。

ボテ志はとても興奮し、
世界中の子供に、おもちゃをあげられるなんて、
サンタさんは金持ちだね!と言っておりました。

小学2年生のボテ志は
「でもサンタはいないかもしれない」と言いそうになったので、
「みなまで言うな。いると思えばいる。いないと思えばいない」
と禅問答のようなことを言って、煙にまいておきました。

サンタはいます。ぜったいに。
いなかったら、プレゼントは誰が持ってくるのか。
というか、セブンイレブンのレジに、いっぱいいたぞ。

arrow.gifコメント (4)  |  トラックバック (0)

TVを捨てました

2008.12.24

消えてるTVって、邪魔じゃないですか?
黒い固まりが、でんっと居座りやがって、
お前はモノリスか? と思います。

部屋のレイアウトを考えるときも、
まずTVをどこに置くか、でしょう?
TVが見やすい位置にソファ、でしょう?
何様かと思います。
TV様なんですけどね。

TVを見る理由も、きっと、消えてると邪魔だからですね。
黒い固まりが、見ろ見ろ、おれに注目しろ、と
無言でプレッシャーかけてるんですよ。

しょうがないから、点けますよね。
そうすると、最近の番組は、
ボケの司会者と、いじられ役のひな壇芸人、
そして画面を華やかにするグラビアアイドル。
どの番組も同じで、とにかくうるさいんですよ。
居酒屋に居る気分になります。

言葉をいちいち字幕にするのも、
あれはいつから始まったんでしょうね?
ウザイったらありゃしない。

とにかく、消えてても点けてても邪魔な、
この黒い固まり。
どうにかならんかと、考えた結果、
捨てました。

んで、何もないと映画も見れないので、
プロジェクタにしました。

プロジェクタ、いいですよ。
消えてる時は、何もないから。
見る価値のないものは、見ないから。
Wiiがでかくて、楽しいから。

今どきのプロジェクタは、
昼間でも充分明るいし、全く問題ないです。
部屋も広くなったし、いいことずくめです。
みんなこうすればいいのに。

arrow.gifコメント (8)  |  トラックバック (0)

間違うことの正しさ

2008.12.22

人は間違いを起こします。
どんなに注意しても、必ず起こします。
しまった!と思って取り返そうとします。

間違いはいけないものだと教わりますが、
実は間違いほどすばらしいものはありません。
材料を間違えたおかげで、新しい料理が生まれた。
配合を間違えたおかげで。新薬が生まれた。
そんな話はたくさんあります。

人は誰しも、正しいことに囚われてしまい、
飛躍した考えや行動ができません。
間違いは、無意識に飛躍した瞬間です。

間違いを修正することが大事なときもありますが、
間違いによって生まれた何かが、
とんでもない可能性を持っていることも多いのです。

以前、任天堂の宮本茂さんとお話ししたとき、
「プログラマはバグを出したら直そうとしますが、
それがおもしろいということが、よくあるんです。
バグが出たときはチャンスなんですよ。」
とおっしゃってました。

また、「間違いを愛すること」を愛して止まないのが、
おしりかじり虫やスミ子など、
うるまでるび作品に、特別の匂いを加えてくれる作曲家たち、
山口優や松前公高です。
彼らの会社は、その名も
「マニュアル・オブ・エラーズ」と言います。

マニュアル・オブ・エラーズ 公式サイト

arrow.gifコメント (2)  |  トラックバック (0)

解説付き上映会

2008.12.19

こんにちは、うるまです。
横浜のショートショート・シアターというところで、
うるまでるび作品の上映をやっておりますが、
あさっての日曜日、作品を上映しながら、
うるまでるび自身が解説をしていくというイベントをやります。
テーマとか裏話とか、それなりにお話しします。
ぜひ来てくださいね。

うるまでるび作品上映イベント「作者解説付き上映会」
12月21日(日) PM13:10~
料金:大人/学生 ¥1,000 ★好評チケット発売中!
詳しくはこちら → ブリリアショートショートシアターHP

arrow.gifコメント (0)  |  トラックバック (0)

タイトル変えた

2008.12.18

長らくご愛顧いただきました「うるま!とってダシ」は、
本日より「こんにちは、うるまです」となりました。
全然撮ってダサないから。

というわけで、こんにちは、うるまです。
そういえば、おいら、写真に興味がありません。
旅行に行くときもカメラは持っていかないし、
なんつーか、「記録を残す」ことに興味がない。

その分、心に刻んでいるのかと言えば、
まるでおいら、天才的に忘れっぽいです。
いいことも悪いことも、全部忘れる。
周りの人たちも、あきれるのを通り越して、
最近では「ひとつの才能だよ」と褒めてくれます。

でも、しつこく覚えている、いくつかのこともあって、
それはいつか、必ず形になります。
例えば、うるまでるびペイント。
こういうのが作りたいなと10年以上思っていたし、
作りかけをどうにかしなきゃとずっと思ってる。
そして、今、どうにか形になりそうな、
ちょっとした気配を感じます。

arrow.gifコメント (2)  |  トラックバック (0)

バージンのすすめ

2008.12.17

こんにちは、うるまです。
耳たぶであまりに稚拙な自分に嫌気が差したようで、
少しはわかったようなことを言って
大人らしくしようのシーズン、開幕中です。

知人に、KUNTAさんという
すばらしい動物イラストを描く画家さんがいます。
ライオンやトラをすばらしく素敵な絵に描くくせに、
彼はアフリカに行ったことがない。
野生で生きる姿を見たことがないのです。

いい絵とは、その人にしか描けない絵のことです。
その人の心の中にあるイメージを形にし、
そのイメージがどれだけ大きいか、どれだけユニークか。
それに鑑賞者は感動するわけで、実物とは関係ないのです。
むしろ、現実など知らず、
イメージが勝手に大きくなった方がよい。

妄想力とも言っていいぐらいの、イメージを育てる力。
それを想像力と言ったり、感性と言ったりするのですが、
この力を身につけた人が、いい絵を描きます。
たぶん音楽や小説家なども同じではないでしょうか。

では、妄想力を身につける方法はなんでしょうか。

ひとつは「童貞・処女時代を長くすること」です。
その時期の少年少女は、見たことがない、でも見たい。
触ったことがない、でも触りたい。
この強烈なリビドーにより、想像力がものすごく鍛えられます。
どんな形なんだろう?どんな感触なんだろう?
そう考え続けることが、とても訓練になるのです。

初体験を済ませると「やった!」と喜ぶかも知れませんが、
その瞬間は何かを失った瞬間でもあります。

バージンは長い方がよいです。

KUNTAさんのWEB
横浜でうるまでるび作品上映中

arrow.gifコメント (1)  |  トラックバック (0)

作品オーラについて

2008.12.15

こんにちは、うるまです。
横浜の上映会がいよいよ明日からです。
先日、チェックのために劇場へ行ったのですが、なかなかすばらしいハコでした。何もかもが新しくて、内装も映像も非常にきれい。偶然、別所さんもいらっしゃって、ご挨拶しましたが、あれだけのものを作ってしまう力は尊敬します。

チェックのために大きな画面で作品をまとめて見たのですが、あれですね。映像というのはオーラのある作品とオーラのない作品がありますね。

オーラが強いのは「しかと」「カルパッチョ」「おしりかじり虫」「スミ子」「テテメテ」あたり。他の作品だって、その時その時で一生懸命作っているので、特に違いはないはずなんですが、これらは画面から何かを発してます。特におしりかじり虫はオーラが強い。

帰り道、このことをずっと考えていたのですが、どうしてそういう差が出るのか、わかりません。わかりませんが、「うるまとでるびがその作品のことで頭がいっぱいになること」「制作現場が信頼関係に満ちていること」「作品を扱う人たちがそれを愛し、信じること」あたりかなと思います。結局、人ですね。

横浜の上映会情報(ショートショートシアターのWEB)

arrow.gifコメント (1)  |  トラックバック (0)

思い出したこと

2008.12.14

こんにちは、うるまです。
昨日、すごい人と会いました。我々がすごい人だなあと思っているような各界の巨人たちが「この人はすごい」と慕い続けるというぐらいすごい人。70代だと思いますが、国境、人種、性別、業界、年齢など、すべてを越えた真のグローバルパーソン。日本人です。

その方においらが夢を語ったところ、「なんで夢なんて言うんだい? 夢は起きたら消えるでしょう? 実際にやればいいじゃないか。」とおっしゃいました。

そうだった。やりたいことを不可能とも思わずやってしまうこと。それこそうるまでるびだった。二度と忘れないようにここにメモしておこう。

arrow.gifコメント (2)  |  トラックバック (0)

耳たぶについて

2008.12.10

こんにちは、うるまです。
あのう、すいません。
耳たぶってのは、なんで「たぶ」になってるんですか?
ここに血を溜めて、何かいいことがあるのでしょうか?
血液型検査には便利ですけど、献血はここからしませんよね?
お金持ちは耳たぶが大きいと言いますが、お金持ちかどうか、知るためにあるんですか?

そういえば、WEBのメニューやファイルなどの見出しは「TAB」ですが、英語でも「たぶ」ですか?
イヤータブ?

arrow.gifコメント (1)  |  トラックバック (0)

上映作品決定&解説付き上映イベント

2008.12.08

こんにちは、うるまです。
というわけで紆余曲折がありましたが、編集は終わり、無事に16日からうるまでるびが公開されます。

直前まで交渉した結果、おしりかじり虫もメニューに入りました。スミ子もあります。くさびるも入れた。ドドボンゴもカプセル侍も入れた。

16日から「ブリリア・ショートショートシアター」です。
21日13:10の回には、わしらも出てきて作品解説します。

イベント告知(ショートショートシアターのWEB)

ところで関係ないけど、こんなものを見つけた


「おれのステレオを盗んだボケ!リモコンはいらんのか?!」

ネタ元

arrow.gifコメント (1)  |  トラックバック (0)

劇場上映いたします

2008.12.06

こんにちは、うるまです。
徹夜してます。
今週2回目。
いい歳こいて、ようやるわ。

こんなことしたくないですよ。
したくないけど、FinalCutの野郎が、レンダリングに1時間とか2時間とか言いやがって、非常にゆっくりしか作業が進まんのですわ。

16日から横浜の「ショートショートシアター」というところで、うるまでるびのプログラムを上映するんですわ。1時間ぶっ通しで、うるまでるびの濃い作品を大きなスクリーンで見せられるという、拷問、いや、悦楽の時間なわけですが、その編集がね、全然終わらんのですよ。

しかしねえ、自分で編集してても、よくこんだけ作ったなあと、感動しますね。これで全作品の5分の1ぐらいなんですけどね、10秒とか1分とか、長くても5分とか、そんな短い作品だけ、5時間分以上作ってきたわけです。アホですわ。

というわけで、拷問、いや、悦楽の時間を、どうぞ横浜でお楽しみください。

しかし、FinalCutおせえな。

上映スケジュール(ショートショートシアターのWEB)

arrow.gifコメント (1)  |  トラックバック (1)


← 2008年11月 2009年1月→