個別記事

最新記事へ戻る

← 前の記事(TVが心配です) 次の記事(日本のテレビはおもしろい)→

ア〜ダモちゃ〜ん〜 ペイッ!!

2009.04.09

それは1980年代。
TVはむちゃくちゃ元気で、みんなの生活をリードしていました。
子供だったおいらは、全国の子供と同じように、
土曜の8時が悩ましくて仕方なかった。

王者ドリフに「ひょうきん族」が真っ向勝負を挑み、
どっちを見るかで、毎週、ほんとに悩んだ。
まだビデオデッキなど普及してない時代ですから、
リアルタイムに見るしかない。

「体の半分はドリフでできている」と公言している
おいらでさえ、だんだんひょうきん族を
見るようになっていくのですが、
その一番の理由は「アダモちゃん」でした。

島崎俊郎さん扮する原住民キャラ「アダモステ」。
こいつが意味もなく登場し、
意味のない言葉を発しながら、
意味もなく騒いで、去っていく。
これが可笑しくて、うるまはひょうきん族になっていった。

とにかく存在に意味がない。
だけど、その存在だけで笑ってしまう。
なぜ笑うのか、どこがおもしろいのか、説明はできない。
でも涙が出るほど笑ってしまう。

そんな、うるまの笑いのツボを激押しする
「アダモちゃん」が、DVDで復活するそうです。
今年で25周年らしいです。
間違いなく、買います。

 
アダモちゃんおそらく誕生25周年記念DVD 1万台の監視カメラが捉えた衝撃の映像 私はアダモちゃんを見た!!

 

コメント

おじさんライダーさんが言うことにゃ…(2009-04- 9 14:22)

しつこく登場して恐縮です。
人それぞれ原点になっている番組ってあると思います。
私にとっては「シャボン玉ホリデー」がそれですね。

小学校の低学年でしたが、
大人向けなのか、子供向けだったのか、
今思うと何とも言えません・・・。
面白いだけでなく、何とも印象深い番組でした。

今時のバラエティと比較して、上質だったのか?
まあ、それは今となっては比べようがありませんが、
子供から大人まで、夢中になっていたように思います。

当時は、番組を記録しておくと言う習慣がなかったようで、
(生放送だった事と、コストの問題と聞いた事があります)
残された映像がほとんど無いと言うのが残念です。

かれんさんが言うことにゃ…(2009-04-10 13:38)

うるまさん こんにちはです。
同年代なんだなぁと感じました。。
私もどちらにするか悩んだ世代です。
私の決め手は「あみだばばぁ」でした。

ライダーさんがおっしゃる「大人も子供も」という点では、
最近は単純に楽しめるものはないのですかね。

うるまさん 是非。

マイワンさんが言うことにゃ…(2009-04-12  8:48)

アダモちゃん、初めて見たときはびっくりしたのを覚えてます。
なんだこのひと??って。
そこからハマっていったんですけどね。

DVDも楽しみですね。

 




(公開されにくい)

(抜群に公開されます)

(送信後、うるまがOKを出すまで公開されません。スパムが多くてたまらんのです)

トラックバック

※トラックバックは自分もブログをやってる人だけが知ればいいことです。
 疑問に思うと頭が痛くなるのでやめましょう。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18265/44605277

この記事へのトラックバック一覧:


← 前の記事(TVが心配です) 次の記事(日本のテレビはおもしろい)→